在庫を売る RELOOP beatpad2

在庫を売る RELOOP beatpad2

Reloop Beatpad 2 DJ Controller - World Class Finger Drummer Carl Rag Highly Impressive (Routine)

Publish to anyone 3369views 1 2204
2015-01-26 00:30:44
  • Beatpad 2 Review: A big little DJ controller from Reloop.Reloop Beatpad for DJAY 2: Performance Showcase featuring DJ Angelo.DJ RENA ★ djay Pro ★ Reloop Beatpad 2.Learn How to Scratch: The Setup (Tutorial 1).Deep house mix with Djay Pro and Reloop Beatpad 2.DJ SARA ★ Freestyle Scratch with djay Pro and Reloop Beatpad 2.Reloop Beatpad DJ Controller For iPad \u0026 djay 2.Reloop Beatpad 2 DJ Controller for djay by Algoriddim - Scratch Session.Reloop Beatpad 2 - DJ-Controller - Test (Elevator Vlog 74 deutsch).Reloop Beatpad 2 DJ Controller - World Class Finger Drummer Carl Rag Highly Impressive (Routine).Unboxing: Reloop Beatpad 2 \u0026 Mixon 4.[Musikmesse 2015] Reloop Beatpad 2 Controller.Watch before buying the Reloop Buddy! - Full Review \u0026 Guide.How To DJ With Djay Pro AI And Spotify In 2022.What is the RELOOP BUDDY, the best DJ controller for iPad? Algoriddim Djay.BEST DJ Controller Under £300 - LET'S DEBATE! - 2021 Winter Edition.Every beginner DJ needs to learn this!.Brand new Hercules DJControl Mix controller! Demo, set up guide \u0026 review w/ Djay Pro! #TheRatcave.Reloop RP-7000 MK2 Turntable Review | Tips and Tricks.How to: Scratch on a Controller by a DJ Champion + Giveaway.Reloop Ready feat. DJ Angelo \u0026 Zelda (Performance)

  • ある日の放課後のことだった。 理由はたぶん私が友人が多いタイプではないからわざわざ仲間に引き込もうとつまりは典型的な人の世話を焼きたがるタイプの上から目線だろう。 トイレくらい一人で行け。

    「ルキちゃん!日曜日って暇?」
    「今の所は予定ないけど」
    「じゃあさ、隣の男子高と合コン行かない?」
    「行かない」
    私は即答した。 「やだ。悪いけど他当たってよ」 「もしかして好きな人でもいるの?」
    いない」
    この人に「好きな人のがいる」なんて言った日には野次馬根性丸出しで根掘り葉掘り聞かれるのが目に見えるから、私は少し迷ったが「いない」と答えた。 私はそんなことを言うスイーツ脳なクラスメイトをじと目で睨みつけた。
    「彼氏がいなくてけっこう。余計なお世話」
    「ルキちゃんはさー、女子校歴が長すぎて麻痺してんのよ!見た目だけはいいんだから自信持って」
    見た目だけとはなんだ。
    本気でめんどくさかなってきた。
    あと、名前をちゃん付けで呼ぶの止めろって前に言わなかったっけ?

    「だから出会いの場を増やそ?」
    「無理」
    「どーして?」
    「無理。あのノリが無理」 すると鞄の中でケータイがブルブルと震えた。
    ディスプレイを見るとあいつの名前だった。
    ただいま私が絶賛片思い中の奴の名前だ。
    通話ボタンを押す。

    「どうしたの?」
    (ジェンが風邪で来れなくなったって)
    「え。じゃ今日はなし?」
    今日は私とジェンとこいつであの公園で会う約束をしていたのだ。 (と僕も思ったんだけど、ふたりに食べて欲しくて新作のパン、持ってきちゃったんだよね。)
    「ふーん。無駄足ね」
    ああ、なんて可愛げない返事。
    もっと気の利いた返事ができないのかと自分に失望してしまう。
    (だからさ、予定を変更してジェンのお見舞いに行くっていうのは?)
    良いわよ。ジェンんちのマンションの前に集合でいい?」
    (その必要はないんだなー )
    「は?」
    (ちょっと教室から窓開けてみてよ)
    私はもしやと思って窓によって勢いよく開けた。

    「おーい!!ルキーーーーー!!」
    「タカト!?」

    私の名前を呼ぶその声は電波に乗った機械音ではなく、正真正銘の生の声だった。 タカトは校門の外でこちらを見てニコニコしながら手を振っている。 「なんでいるのよ!?」
    私は携帯電話に対して大げさにため息をついた。
    ここは3階だからクラスメイトからタカトがよく見えるし、下校中の生徒も他校の男子生徒が校門で待っているというシチュエーションが気になるのかジロジロと見ている。
    「すぐに行くから待ってなさいよ!」
    (助かる。ありがとう)

    タカトはおずおずとお礼を言ったのを聞いて通話を切った。 それは会えないと思っていのに会えたからか、もしくは彼氏と一緒に下校というシチュエーションと倒錯してしまっているのか自分でもわからなかった。

    だがひとつだけ確実に言えることがある。
    それはこれからは絶対に合コンに誘われないということ。
    山田さんがすごい目でこちらを睨んでいるのがわかったから。

    ケータイを鞄ににしまって私は急いで教室を出た。



    「タカト!ごめん、待たせた!」
    「ううん、僕こそ電話してごめん。あのえと行こっか?」
    そ、そうね!」





    Press the Nice button to this post.

    What is the RELOOP BUDDY, the best DJ controller for iPad? Algoriddim Djay